情報 (記録)の保存   【無料公開】  NEW---赤文字は 最近の掲載
参考文献コーナー 
下記の情報は 「無料公開 のご許可」 を頂戴したものです

(株) 国際マイクロ写真工業社の 調査 ・ 作成 ・ 編集 ・ 公開

開催日
 【 無料公開 】 ・・・ 記録管理   Record for the Peace 活動 

 ◆ 【講演会】 の公開  (
主催・セミナー名・講演者・講演内容)
 
【HP】 作成内容 の公開
 ★ 【出版物】 の公開

国際マイクロ
公開

【 こちら 】
の映像は当社がご許可を戴き記録したものの一部 (ここ数年はHD内にて管理)
正式な許可を戴けたもののみ公開予定

NEW
2017.4.24
★「デジタル情報」 は 「保存への考慮」 が皆無 に等しい実状
  ビデオ出版 『Into the future 』 -- デジタル情報社会に潜むデータ保存の危機 --
  制作: American Film Foundation and Sanders & Mock Production
    : YouTube 33分 ( 2万円 税別/本 VHSビデオ 2000年から販売 )
国際マイクロによる
出版物の無料公開化
2014.10.20 ◆ 「古文書」 の救済を急ぐ 「世界遺産に相当」 と海外では高い評価
 講演者: 多仁照廣先生
  講演内容: 「文化財未指定の古文書修復の必要性 -具体的対策と問題点について-」
  【案内状】 第8回 資料保存シンポジウム 特別講演  
  情報保存研究会 (JHK)&日本図書館協会 共催
国際マイクロ作成協力
2014.2 史料の劣化状況 数値化への挑戦
 国立公文書館のHP: 「特定歴史公文書等の劣化調査等に係わる調査研究業務 報告書」
(有)東京修復保存センター
+国際マイクロ作成協力
2013.3.29 公文書の解綴・再製本、 媒体変換をも考慮した要点集 「共有化」
 国立公文書館のHP: 「特定歴史公文書等の解綴・再製本に伴う資料形態別留意事項調査報告書」 
(有)東京修復保存センター
国際マイクロ作成協力
2011.8.11 ◆世界に 「史実を公表」  「志高き」 アジ歴 の役割
 アジア歴史資料センター設立10周年記念シンポジウム 「アジ歴10周年の回顧と展望」に参加して
国際マイクロ参加
2011.4.23 ◆素早かった言動 「save MLAK」   M:博物館 L:図書館 A:公文書館 K:公民館
 saveMLAK緊急討議 「東日本大震災 被災支援とMLAK - いま わたしたちにできることは -」 に参加して
国際マイクロ参加
2009.3.10 ◆短所を助け合える! 情報管理 「デジタル媒体 と アナログ媒体」
 (社)日本記録メディア工業会主催  ㈱コダック 楢林幸一様
  デジタルアーカイブの現状と光ディスクの役割
 
「電子文書の長期保存と ISO/DIS 11506: COM/COLD」
国際マイクロ参加
      
【 公開のご許可 】 を正式に戴けた情報 ・記録等 可能な範囲で公開を進めます
 


水色
中央官庁 提案内容

 6 2017年 厚生労働大臣 様  提案書類・・・【温故知新 戦略】 
  (産・官・学・民 の協力体制 ・・・ 県単位)
   国家方針の成功  &  重要問題の解決  
 5 2017年 文部科学大臣 様  提案書類・・・【地方の復活 ⇔ 地方文書の復活
 4 2016年 文部科学省 様  提案書類 【旧文
 3 2015年 厚生労働省 様  提案書類 【旧文】
 2 2015年 地方創生 様  提案書類 【旧文】
 1 2013年 代議士 様  提案書類・・・【記録の強靭化】 パスワード管理



題名

著者
1
デジタル化とは?

KMS 作成・編集

マイクロフィルム化とは?


マイクロフィルムの法的証拠能力について
(認証方式と証明方式)



比較表 (CDとマイクロフィルム)


2
乾燥剤 (シリカゲルの使い方)

KMS 作成・編集
3
デジタルデータの保存 その危険性

KMS 作成・編集
4
デジタル情報は永続的に保存できるか?

KMS 作成・編集
5
35mmマイクロフィルムの
世界動向 調査


国際マイクロ編集
6
PDF/A の概要について

国際マイクロ編集
7
電子化データ マスター ・ ファイルのファイル形式について


国際マイクロ編集
8
非圧縮 TIFF に替わる選択肢

国際マイクロ編集
9
マスター ・ ファイルの
形式について 
TIFF JPEG2000など

国際マイクロ編集
緑の情報 は社外の専門家等と収集した情報

 

題名

著者
1
デジタル化に対応した文書情報 マネジメントの基礎と応用

(社)日本画像情報マネジメント協会:出典 : 国際マイクロ編集
2
地方公共団体における複製物の作成


 
「行政文書管理」編集者 益田宏明様
3
ディジタル情報の保存をめぐる動向 -米国における取り組みを中心に-

国立国会図書館 竹内秀樹様
4
資料保存とメディアの変換 ~ マイクロフォーム化を中心に ~

国立国会図書館 第4回資料保存シンポジウム
5
米国州政府 電子公文書の長期保存に関するガイドについての調査


(社)日本画像情報 マネジメント協会:出典
6
デジタルプリザベーション

図書館雑誌Vol.95,No4:出典 コダック株式会社かわの氏
7
PL法対策のための文書管理

(社)日本画像情報マネジメント協会:出典 : 国際マイクロ編集
8
阪神大震災で被災した神戸新聞社 資料室 “リスク分散” 完了直後のマイクロフィルム

神戸新聞社情報科学研究所 研究調査部長 松本誠様
9
阪神大震災と資料保存機関の被害 ~ 5機関6施設現地調査報告 ~

国際資料研究所 小川千代子様
10
マイクロフィルム保存の手引き

(社)日本画像情報マネジメント協会:出典
11
( I CA ) マイクロ資料の保存ガイドライン

国際資料研究所 小川千代子様
12
カセットテープの保存管理方法

kms編集 日本記録メディア工業会
「磁気メディアの取り扱い」
13
JISZ6017 電子化文書の長期保存法
(社)日本画像情報マネジメント協会:出典
14 マイクロフィルム長期保存支援サービス

富士フイルム株式会社
15
写真プリントやフィルムが水濡れした時の救済について

コダック株式会社
16
総合評価点制度とは
企業からの優れた技術提案を募り、価格と価格以外の要素を総合的に評価し、落札者を決定する入札方式

国際マイクロ編集


オレンジ
比較表

              品質 ・ 価格等 の比較 (内容と検査方法とその報告) 作成者
1 2015  
 A1スキャナー比較     【品質】          【市場相場】 
 ★国内第1号オーバーヘッドスキャナ-の導入

国際マイクロ 生産部


リンクのコーナー



題名 作成者(責任者)
1  「図書館員のためのインターネット」 長谷川豊祐様 鶴見大学図書館
2  地方史研究雑誌データベース 岩田書院 岩田博様

3  Filing ファイリングの部屋 木戸修様

4  情報処理振興事業協会 -

5  JHK情報保存研究会 -

6  日本写真学会 -

7  日本アーカイブズ学会 -

8  文化財保存修復学会 -

9  日本図書館協会 -

10  ARMA 東京支部 -

11  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 -

12  地方史研究協議会 -

13  記録管理学会 -

14  JIIMA:(公益社団法人)日本文書情報マネージメント協会  -


企業アーカイブ
 











Ferretアクセス解析

terakoya ,   aaakmview いうえ jyoseikin2016 2000enn suraido inasi-koujyou inasi-bcp k-teian05 kako tihou basyo y  i  J yosan s  ip SVCIP1202C newSVCIP1202C SVCIP1207C
sugai02
 sugai20160520 20160908 mirai new tihou nani  daredono itu  ikurade  1001tihou newocr komon003   mituori2016