国立国会図書館 電子化 業務 (大量電子化プロジェクト)
平成22〜23年 NDL 大規模デジタル化プロジェクト


  落札企業:        首都圏ソフトウェア協同組合
  ● 全業務担当企業:  (株)国際マイクロ写真工業社
 
● 7億円プロジェクト : 約 1500万画像 約10万冊の移動・デジカメ撮影・画像加工と後処理
● 1年4ヵ月で納品 : この国家プロジェクトは世界レベルの品質を誇る大型プロジェクト
 
 
国内唯一の技術力 全行程業務を技術的に外注に出さずとも可能な体制を確立
ソフト70項目を作成 : 国際マイクロのシステム開発 (首都圏組合各 SEと共同開発)
   
   人員配置・工程管理図 :  (株) 国際マイクロ写真工業社 & 首都圏ソフトウェア協同組合  
本プロジェクト人員表 (配置)  PDF版 
                                                 本プロジェクト人員表 (配置)  KMVier-Zoom版 


【 作業現場 : 国際マイクロ 潮見スタジオ】
バーコードを解析して原本搬出、作業場で再確認
前処理 原本確認 等

大規模デジタル化 デジタル化作業場
デジタル入力 (70台)

国会図書館デジタル化 現場
2〜3交代制

大規模プロジェクト HDD管理等の困難な作業 HDD管理 等 (3500台)
大量処理では思わぬ問題が多発
画像検査
画像検査処理ソフトを都度に作成して対応
画像検査
大規模プロジェクト カラーマネージメントを徹底
RAW現像 &
カラーマネジメント 等

場所: 江東区 (日通倉庫) 800坪
 (400坪×2フロア) +
  (本社&別館)   +
 他、搬出入は国会図書館内にて

プロジェクト人員:
 MIN 181名 〜 MAX 325名/日
画像処理の高速化を徹底
サムネイルチェック &
トリミング


超困難 JPEG2000画像変換作業 国際マイクロにて対応
JPEG2000変換 &
画像加工 等

出張先倉庫の増設カメラ
セキュリティカメラ
(記録機付)

エラーレートチェック 検査 
ブルーレイディスク
書込み & チェック
(エラーレートチェッカー)


 

 ●各工程
 ・原本の搬出入準備: 
 ・搬出入作業: 
 ・撮影前処理:
 ・デジタル画像撮影: 
 ・画像検査: 
 ・デジタル画像処理: 
 ・付属画像処理: 
 ・テキスト入力:  
 ・テキストデータ確認: 
 ・JPEG・JPEG2000 ・SSIM変換等 画像処理作業
 ・ウィルスチャック:
 ・BD−R 書込み: 
 ・画像データ整合性チェック: 
 ・BD−Rエラーレイトチェック:
 ・逐次納品:         《 作業詳細は分量が膨大なため等により未公開 》


 
 ● ソフト開発  (※ 開発ソフトの所有権は国際マイクロ)                      
   電子化における画像加工等の処理ソフト  社内にて70項目以上を開発 
   下記一例:
   
            ・・・ 記 ・・・
◆ 工程管理システム (書誌・HDD・BD-R管理) を自社開発
  ・各作業工程ごとに、登録・ステータス管理などを実装 
  ・書誌の搬出・撮影・現像・加工・返却など 十数工程    
  ・1書誌ごとに 「どの工程なのか」 を一元管理        
  ・管理対象は約 10万冊 
 
 ◆ HDD貸借管理システム                     
  ・撮影した画像を保持するHDDを管理           
  ・各種作業工程に合わせて 貸し出し・返却などをGUI表示
  ・作業漏れ・再作業など 工程管理システムと連携し稼動
  
 ◆ その他 各工程ごとにツールを開発                   
  ・画像加工プログラム (RAW・TIFF・JPEG・JP2000変換)
  ・SSIM 画像加工・検証ツール
  ・納品用の画像集約ツール                    
  ・トリミングツール・画像チェックツール    等


大切な資料 高精細にデジタル化

国立国会図書館様からサンプル審査で
合格を頂いたものを使用
・木製2重テーブル 自社独自設計
 (ブックホルダー開閉の微振動がカメラに伝動しない)
・木製ブックホルダ 自社独自設計
 (様々な原本の状態・大きさや厚さ)にあわせて10種類以上を作成)
  錘や台座等も自社独自設計
・高解像度デジタルカメラ 2機種
 (キヤノン・ペンタックス)
・フットスイッチ又はレリーズ
・カラーマネジメント、マニュアル以上の対応
・リアルタイムディスプレイ(左)
・一部ジグビューシステム
・画像確認セット
・入力済み画像の即時確認様の
 パソコン+ディスプレイ

・コピースタンド及びコピーライト

コピースタンドCS-3コピーライトFL-2152

以上の撮影セットを70台分使用。

各機種の組み合わせを繰り返し、
約 1500画像の安定した品質、
大量電子化に貢献することが出来ました。

  ※ 機材 ・ ソフトの改造や改善など
     わたしたちの我儘に答えていただいた
     「製造各メーカー」 様に感謝

大量電子化の成功に至るまで
 

【 有志に感謝: 森松社長より 】  ・・・・・ この場をお借りして

  「世界に誇れるグローバル(国際的)な仕事の仕方をしよう、 
   日本人の記録 ・ その電子化とWEBでの公開のお手伝い、 私達の力で創ってゆこう」

  
平成7年 デジタルシステム部を創部して以来
  「記録の電子化」 を日々行いながら 私達は社員とそのように言動してきました。

    
結果: 現在 当社の 「記録のデジタル化」 と そのWEB上の 「画像参照ビュー」 は
         国公立大学図書館をはじめとし
         kmビューの各シリーズ ・ 動画配信ビュー等、 画像参照ソフトを日々バージョンUP
         しながら、図書館・資料館・各組織様にてご活用して戴いております

NDL様の大量電子化業務: 
  仕上がり見本 メーカー別比較

  国内外の高画素の 「オーバヘッドスキャナー4機種」 と 「高画素デジタルカメラ4機種」
  他に数種類のフラットベットスキャナーのサンプル画像等を作成し、社内において仕上がり
  画像の比較を従来より行っておりました。 
  それぞれの機材・ソフトの長所短所を含め 入札の事前に NDL様 と共有。
※ 短所をWEB上で公にしない・・・という条件付でサンプル作成のご協力を戴けた機材屋様も有り

●工程管理の共有

 400名におよぶ作業人員の各情報を 各責任者と管理者がタイムリーに確認できる仕組み造り?。
 人間の 「作業工程メモ(記録)」 や 「マクロを利用したエクセル」 の工夫では追いつかない事態は
 少し予測して準備していた・・・が想像以上に作業場の問題、その情報管理の問題が多発。

 工程管理処理の各バージョンアップが必要となり、火急に対応できた。
 従業員全員、仕事が順調に流れるまで眠れないような日々が続いた。
 ほんとうに皆さん ご苦労さまでした。
 私達が培ってきた 「技」・「技術」 は これらを基として 「電子化の世界」 を良い方向へと変えられます。

● バッチ処理ソフト:
 画像のバッチ処理ソフトの開発項目もふくめれば、大まかなものでも70項目以上の開発に成功。
 各SEの迅速な対応、その能力に感謝。
 実際に作業しながら発生する様々な問題。 その対策のための 5000万円〜1億円に相当する開発等は
 当社のみでなく、今後の日本の大量電子化業務の 「宝」 につながってゆく事は、間違いないと感じる。

● 協力者:
 として「首都圏ソフトウエア共同組合」の会員企業はその社員で数千人のSEが備えており、
 特に画像処理・管理ソフト開発等、優秀な人員の調整が整い、どうにかしっかりと対応できました。

● 有志:
 私(社長)の友人など、国際的にも活躍するコンサルタント・SE方々の貢献度は高く、
 「世界に誇れる大量電子化、その成功を!」 と実務・マネジメントともに力を見せてくれた
 有志 の力に支えられ、商いの王道をあゆみつつ 知的財産を開示させる大きなプロジェクトで
 素晴らしい画像で提供できたことをここに感謝いたします。
 その事をここに記録しておきます。   代表 森松より

● 仕様書で明記されていない:
 ような事柄が想定以上に多発。
 品質管理規定 ISO9001(2001年からPDCAを回す)に準拠 
 「不適合・クレーム」 の 「原因の追究」 と 「再発の防止」

 当社ISO9001では、独自に追加で作成した「問題提起」と「予防措置」が効力を発揮
       ・「問題提起」の収集・その確認・対策
       ・「予防措置」の提案・予測の収集・事前対策
 現場において、日々起こる非常に多い諸問題、その報連相の徹底を教育遵守。
 NDL様 (アクセンチュア様) に適宜報告。

● ISO9001:
 の仕組み、各トラブルに対してその都度に 「PDCA」 を回す習慣が2001年から社内で構築していたが、
 もし、その習慣が途絶えていたら、完成まではあと3倍以上の時間を要した、と感じています。

今後の 入札について
 情報を扱う会社として
 「入札に参加を許される最低条件」 としての上位 5つを挙げるとすれば
  ★ 「ISO 27001」 情報管理
  ★ 個人情報保護法に準拠
  ★ 「ISO 9001」 品質管理 (品質基準の正直な報告と対策、再発防止のモラルの維持体制)
  ★ 「実績」  過去どのような仕事を 自力 (又はどこに何を外注したかを明記) で成果を収めたか?
          の証明。 
  ★ CSR: 経営理念や方針も含め社長と従業員のモラールや習慣の徹底


国際貢献へ
「絶えず、技術の向上を図る」、技術の向上と会社組織の安定、その技術でお客様に奉仕し、国益を上げ、国際貢献を行ってゆく、  方向で 国際マイクロ写真工業社は進んでおります。 
従業員 個々が自立し 志を合わせ 力を磨き、それを発揮できるよう心掛けます。

●「技術を開発できる組織」 が
 下請け専門 から A ランク業務 に参加できる、という仕組み を作っていただいた官公需適格組合。
 それを認めて戴いた中小企業庁様、そしてそれを最初に提案して実行まで成功された諸先輩方々、
 もちろん首都圏ソフトウエア共同組合の皆様も含め、心より感謝を申しあげます。
 今後も世界に恥じない仕事、誇れる技術開発を行って参ります。
 
                                                  森松義喬拝